ホーム > タイヤ日記 > ピレリ 輸入車

タイヤ日記

2016.07.17

新型ピレリ P-ZERO インプレッション

 

ピレリのフラッグシップタイヤ、P-ZERO。

この誰しも知る銘柄に、新作が登場しました。

 

これまでの、フラッグシップ = P-ZERO

NEWモデルも = P-ZERO

 

名前が全く同じなんですよね。。。

言い換えればフツーなのかもしれませんが、やはり分かりづらい。

Pゼロ2 くらいにしてほしかったね。

 

ま、ともあれ。

軽くインプレッションできたのでご報告。







 

 

画像 1960.jpg

 

 

 

 

 

 











































画像 1961.jpg



























クルマは、BMW F30型 3シリーズ。

330e と呼ばれるいわゆるハイブリッドモデル。

ある程度(以外にスゴイ!)、パワーもあって、そして電気なので静か。

グリップ&静粛性をチェックするには、もってこいの車輌です。





 

 

 

画像 1959.jpg

 

 

 

 

 













画像 1963.jpg 画像 1958.jpg

































 











この車の純正タイヤは、ランフラット。

新しいPゼロもランフラットが設定されていますが、

こちらは、ノーマルタイヤ。

ランフラットじゃ、乗り心地もインプレッションできませんからね。

 



 

 

使用サイズは、235/35R19 を前後4本。



 

 



画像 1962.jpg



 

 

 

 

 

 







今回のNEW P ZERO

面倒くさい事に、パターンが2種類。

今回の、『ラグジュアリー』 と呼ばれるデザインと、

『スポーツ』 と呼ばれるもの。

 



 

 

 



t02200067_0800024213693877529.jpg

(参考画)

 

 





 

内側は、同じ。

外側の最終トレッドが少し違いますね。

サイドウォールには何も変化はありません。

タイヤがそれなりに詳しい方で無い限り、判別は難しそうです。

コンパウンドも少し違いはあるようです。

ラグジュアリーは、転がり抵抗の改善、ウェット性能と寿命が向上が図られているようです。

 

 

ピレリ社いわく、

世界のハイパフォーマンスカーとのコラボを経て、

より多くの純正装着を目指している銘柄。

車種専用タイヤなのである。

だから限定的なラインナップとなる。

 

インチアップ派、ドレスアップ派には、

サイズの組み合わせによって、前後でデザインが揃わない!という事態が発生することでしょう。

一長一短ですが、私はこれにはあまり賛同できませんね。

『どんなクルマでも堪能できる銘柄』であるべきだと考えます。

ま、今はそこはいいか。

 

 

 



画像 001.jpg

 

 

 











走り始め。

まず、スポーツタイヤなのに、静かな部類ですね、間違いなく。

これでフツーのガソリン車なら、ノイズでもっと静かに感じるはずです。

乗り心地も、BMW特有の突き上げ感を除けば、

クッション性能も大いに合格ライン。

当たり前ですが、超ハイスピードは判りません。

が、ピレリのフラッグシップなんだから当然問題ないでしょう。

簡単なレーンチェンジも、振りっ返しも少なく安定的。

私の印象としては、ミシュラン PS3&PS4、ダンロップ マックスRTに

近いように感じました。









 

ピレリ = 固め

この図式が変わり始めてきています。

最近のネロGT、ヴェルデ系もそうですが、

メーカーの方向性が少しマイルド路線になってきたように感じますね。

ミシュラン、コンチネンタルに近づいてきた感じ。

値段は、これまでのPゼロと同価格に設定されていますので、

欧州3メーカーに比べれば、お買い得になりますね。

あとは、実際に減ってきた後の問題。

5分山程度までは、どの銘柄も良いのは当たり前。

そこからの性能の維持がどこまでつづくのか? 

それはこれからです。

まずははじめの一歩。

良い印象でNEW P-ZERO。

スタートしたと思います。















PS



価格設定ですが、これまでのモノとは違う事が判明しました。

メーカーからの値引き率が全然違うんです!!

そう、高いんです!

これまでの様に、ピレリがお買い得では無いようです。

もちろんこの 『新作のPゼロ』 に限った話ですが。

正直、欧州3メーカーとそこまで変わらないかな??

とにかく値段での優位性はこの銘柄にはないようです。









 

2015.11.08

PI スコーピオンZERO 305/35-22

本日のタイヤ交換

ピレリ スコーピオンゼロ
305/35-22

メルセデスベンツ GLに。

1年半前くらいでしょうか、、、、。
前回タイヤ交換していただいたお客様の2セット目。

それ以前は、295/35-22を履かれていて、305にしたい。との事でした。
調べると、305/35-22は日本国内では設定されてなく、
独自で用意することで対応いたしました。

まぁ、今回もお時間いただこうかな、、、と思っていたところ、
なんと、いつの間にか日本でも正規導入がされていたんです。
ラッキー!でしたね。
しかも、在庫は5本。
このお客様の為のような?タイミングでした。
お電話頂いてから、作業までに3日で終了。

またのご来店をお待ちしております。
2015.08.15

PI P-ZERO 245/40-19 285/40-19

本日のタイヤ交換。

ピレリ P-ZERO
245/40-19 285/40-19

フェラーリ カリフォルニアに。

何はともあれ、フェラーリです。
色々調べた結果、当店をご利用くださいました。

設備、経験、スタッフ対応、もちろん価格もあったでしょう。

とにかく感謝ですね。
当店は有難い事に、我々では35年ローンを使わなければならない位の価格帯の
お車を触らせていただいております。
そう簡単にミスなど犯す訳にはいきません。

常に緊張感を持って。。。
その生み重ねが、今の当店があると思います。
その先の当店を目指すため、
さらに緊張感と経験を積んで。。。

今後とも、皆様のご利用よろしくお願いいたします。
2015.08.13

PI スコーピオンZERO 305/35-22

本日のタイヤ交換。

ピレリ スコーピオンZERO
305/35-22

メルセデスベンツ GLクラスに。

インチアップされている為、このサイズにて。
このすんなりいきそうなタイヤが実は、日本未導入。
正規では設定されていないんですね。
305/40-22ならあって、この車にも履けるのですが、
あえてこだわりの35扁平をご選択いただきました。

カタログやネットで見てないからといって諦めないでくださいね。



0609 (2).jpg

2014.05.08

PI P-ZEROロッソ 295/35-18

本日のタイヤ交換。

ピレリ P-ZEROロッソ
295/35-18

ポルシェ 911に。

一年半くらい前だったでしょうか?
4本交換していただいたお客様。
リアがなくなったという事で2本交換いていただきました。
もちろん前回と同じ銘柄です。

911の交換は大抵、リア2回に対してフロントが1回ですね。
オイル交換のフィルターのようです。
次回はまた一年半後でしょうか?
お電話いただけるのを楽しみにしています。
2014.04.29

PI ウィンター240ソットゼロⅡ 235/35-19

本日のタイヤ交換。

ピレリ ウィンター240ソットゼロ2
235/35-19

メルセデスベンツ A45 AMGに。

AMG A45 初回限定車、エディション1。
初めから19インチが装着されています。
インチダウンして18インチのスタッドレスの方が探し易いのは当たり前です。
でもお客様いわく、
『乗換えが早いからホイールはいらない。』 とのこと。わかりやすい。

この235/35-19というスタッドレス。
コンチネンタルとピレリくらいしか国内では設定がありません。
欲しいときには当然?ながらどちらも欠品、今期完売のアナウンスでした。
急遽海外からお取り寄せ。
国内調達より高額になりましたが無事に御納品させて頂きました。
2014.04.23

PI ウィンターアイスコントロール 205/55-16

本日のタイヤ交換。

ピレリ ウィンターアイスコントロール
205/55-16

メルセデスベンツ Bクラスに。

半年も前のことを思い出していきます。
今期のスタッドレス商戦は、Bクラスからのスタートでした。
私の記憶では、前年度もBクラスから始まっていたと思います。
『今年もBからかぁ、、、』 と感じたのを良く覚えています。
用意周到の方が多いのでしょうか?

今頃になってスタッドレスのレポートかよ!!って思わないでね。
時期シーズンの参考に。と考えてくださいませ。
2013.10.20

PI P-ZERO RFT 225/45-17 255/40-17

本日のタイヤ交換。

ピレリ P-ZERO RFT
225/45-17 255/40-17

BMW 3シリーズに。

よく使うので、このサイズを店頭に並べてみました。
一番多いのは16インチなんですが、
あえてメーカー欠品しやすいこの組み合わせのランフラットを。

E90 Mスポーツパッケージの皆様。
いつでもお越し下さい!まさかのランフラットが即納です!
ページ/13ページ |次のページ