ホーム > タイヤ日記 > ミシュラン 国産車

タイヤ日記

2015.10.31

MI パイロットスーパースポーツ 225/40-18

本日のタイヤ交換。

ミシュラン パイロットスーパースポーツ
225/40-18

ホンダ シビック タイプRに。

結局あれから数日経ち、、、。あらら。



久しぶりの登場、シビック。
そもそも日本じゃ売られてないからね、すでに。

東京モーターショー2015 が開催されました。
そんなホンダのトピックが、次期NSXと新型シビック タイプR。
タイプRは日本でも売られる予定だそうで。。。
市販版はどうなるかわかりませんが、展示車には、コンチネンタルの新作、、、
『スポーツコンタクト6』が装着されていましたね。
スポーツコンタクト5の後継ではなく、スポーツコンタクト5Pの後継ってことだそう。

メインの売り先は、日本でなく欧州ベースの世界。
だからそうなってしまう。多くの日本人が知るメーカーではなくなる。
寂しいかな、ニッポン。車もタイヤも。。。
私個人的には、今のブリヂストンは好きじゃないけど、
ニッポンジンとしては、世界の車で標準装着できるような、メーカーでいて欲しいんですが。。。




ミシュランのタイヤコーナーで、そんな話はいいか。。
で、今回のPSS。
前述したように、国産スポーツカー = 国産スポーツタイヤではもう通じない。
世界で戦うには、タイヤも世界基準でないと。

今回のシビックタイプRは、純正装着で、ブリヂストン ポテンザRE070ってモデル。
まぁ、これがタイヤ屋にとって、最低最悪なタイヤなのでして。。。
ナニがって、サイドウォールが硬いなんてもんじゃない!
はっきり言って、ランフラットタイヤ以上の異常なまでの硬さ。
まったく、たわまない。こんなタダのゴムの塊が許されるのかと。
よくもまぁ、作ったし採用もしたな、と。

ニュルブルクリンクを最速でドライブしたいなら、丁度いいのかも知れないけど、
一般道ならまるで不必要な銘柄ですね。無いですね、ナイ。
(ちなみにスバル インプレッサにも採用されています。)

そんな今回のお客さまは、PSSをご選択。
”それでいいんです!それで!” PSSで正解だと思います。
グリップ力は最大限に保って、しなやかに。
私なら、PSSの他に、トーヨーのR1Rも考えてみたい所かな。


なんにせよ、魅力ある日本車の復権と、それに密接に関わる日本製タイヤのコンビネーション。
それを日本人の私は強く望みます。
そうでなければ、ミシュランやコンチネンタルみたいな海外勢に食われまくりです。
あくまで私は、魅力あるタイヤをご提案するまで。ですから。



2015.10.26

MI Xアイス XI3 225/55-17

本日のタイヤ交換。

ミシュラン Xアイス XI3
225/55-17

スバル XVに。

2ヶ月ぶりに、コンニチハ。

マメに更新しよう!と思っていたら、
また期間が開いてしまいました、、、、。スミマセン。
『別に待ってねーし!』 みたいなツッコミ入れたくなるとお思いでしょうが、
これがなんと!意外と復活を待っていてくれていた方々がいるようでして!!

ありがたい事ですね。というか、嬉しい限りです。
そんな貴方は、コアな車好き!
ま、妻に言わせれば、ただのタイヤ馬鹿か、変態か、オタクです。


忙しさの余り??
ちょっと気持ち的にダウン気味だったこともアリ、、、。(わかるでしょ?)
一番の原因は、必ず記事にしよう!と撮り溜めておいた画像(パソコン)が、
ウイルス感染し、全部パーになった事が原因です。
非常に面白いネタがあったんですが、、、残念です。




そんな今回は、、、
スタッドレスでスタート。
ちょっと早い気もしますが、冷静に考えればもう11月。
履いていたっておかしくはないですね。


今日はサワリで終わり。
また次回。

イヤ、、、次回はやめよう。明日で!


2015.08.15

MI ラティチュードスポーツ3 235/55-19

本日のタイヤ交換。

ミシュラン ラティチュードスポーツ3
235/55-19

レクサス RXに。

トレッドパターンはPS3のSUV版。
ラティチュードスポーツの後継モデル、ラティチュードスポーツ3。(LS3)

現在は、ポルシェ承認の”Nマーキング”が正規設定されています。
が、こちらはマーキング無しの通常モデル。
もちろんお客様のこだわりの逸品。

日本ミシュランさまは、大のBMWとポルシェ好き。
この2メーカーの承認モデル&サイズラインナップは、隙間無く設定しています。
が、それ以外は、、、、、。


ま、設定無ければ仕方が無い。
当店にご相談ください。
輸入します。
2015.07.31

MI プライマシー3 215/60-17

本日のタイヤ交換。

ミシュラン プライマシー3
215/60-17

トヨタ ハイエースに。

大変長らくお待たせいたしました!(待ってない?!?)
タイヤ日記の再開です!!

リスタートの今回は、当社ハイエースの2セット目となるタイヤです。

話のメインは、ミシュラン プライマシー3の実際の耐久性になります。
当然、ワタクシ個人の実談になりますので、お考えの方は要チェックですよっ!





0726 (23).jpg



実走行はご覧の通り、約42000キロ。
2年間使用。走行比率は、街中7;高速3 。
空荷6;中積載3;満載1 といった使用状況でしょうか。
 ちなみに、
注)ハイエースはVAN規格タイヤ(小型トラック)が標準となっております。
【当然ながらナイショでお願い致します。】




0718 (8).jpg

2回ローテーションをして、残っている方、2本の残りミゾ。

ハイトのあるクルマ特有の外べり。(右側)
ローダウン車特有の内べり。(左側)
センター部は、4分山程度残っているでしょうか。








0718 (9).jpg0718 (10).jpg
もう残りの2本。
内べり全開ですね。
こちらもど真ん中は4分山程度ありそうでしょうか。





≪プライマシー3 総評。≫

ローダウン等、改造されていない車で一般乗用車であれば、
あと1万キロ程度は走れそうであります。
ちなみに2分山でスリップサインが出てきます。そこで車検NGライン。
(ここでいう、一般乗用車とは、2000cc前後の車重とパワーの車をさします。)
頑張れば、5万キロは走れるということ。
さらにワタクシの走りは結構熱い方です。仕事に追われ全力で基本的に走っています。

3000ccクラスの車で、3万5千キロ~4万キロは走行できるのではないでしょうか?
モチは流石ミシュランといったところ。
でも本当に流石と思わせてくれる所は、実は、、、
『ミゾが減っているのに、減っていると思わせないところ』 なんですね。
要するに、初めから最後まで性能の差がほとんど無いということ。
大抵の銘柄が、初めはとても良くて半分位になると、タダのゴムの塊になってしまいます。

多少高価なブランドタイヤですが、その価値は必ずあります。
クルマ好きなら、走り好きなら、絶対に一度はミシュラン履く事をおススメ致します。





PS
ちなみに悩みましたがやっぱり同じ銘柄(プライマシー3)にしました。
2セット目に突入です。







0718 (6).jpg

余談ですが、記念にアップ。
途中でバンプラバーを交換し、乗り心地を上げようとした所、
沈み過ぎてボディ干渉しました。
サイドがガッツリえぐり取られています。過度の改造は禁物です。
(でも、そのギリギリの所が楽しいんですけどね。)
もちろんバンプラバーはすぐに純正に戻しました。



これは、まさおクンの爪跡。
ガンバ!

2015.05.03

MI Xアイス XI3 225/50-18

本日のタイヤ交換。

ミシュラン Xアイス XI3
225/50-18

トヨタ ハイエースに。

実はこのクルマ、当社デモカーの4号機。
このタイミングでスタッドレス??ってなりますが、
ちょっと実験を兼ねて。。
今までは225/55-18を装着しておりましたが、
ハンドル切ると少し干渉してしまったので変更いたしました。

で、何の実験かというと。。
長持ちスタッドレスのミシュラン Xアイス。
今、グッドイヤーで販売好調のオールシーズンタイヤ、
ベクターに勝てるのか?というもの。
実際Xアイスを一年を通して装着して頂いてるお客様もいて、
営業車なので一年走破距離が凄いんです。
でも、たまに見ると減ってない。
そんなXアイスがオールシーズンでも通用するか?という
本気の実験。
当店としては、自らの首を絞め兼ねない事ですが、あえてやります。

しばらくしたらご報告いたします。
2014.10.12

MI パイロットスーパースポーツ 255/40-20

本日のタイヤ交換

ミシュラン パイロットスーパースポーツ
255/40-20

トヨタ ヴェルファイアに。

社外ホイールにインチアップのため、このサイズを選択。

通常、アルファード&ヴェルファイアで20インチを選択するとき、
245/35-20、255/35-20、もしくは245/40-20を選びます。
しっかりローダウン&弱気な?前者2択か、乗り心地重視の後者か。
最近は後者のほうが多いでしょう。
でも今回は、さらに少し大きい255/40-20でいきました。

理由は簡単。『ミシュランが希望だったから。』
車高を落とすわけではないので、先程の前者2択は無い。
245/40-20で行きたかったが、ミシュランでは設定自体が無い。
当時、日本ミシュラン㈱では正規輸入していなかった、255/40-20をご用意いたしました。
現在では日本ミシュラン㈱さまが、ポルシェ パナメーラ向けとして輸入されています。

気のせいかも知れないが、当社で実売&店頭ストックすると、日本ミシュラン㈱さまが
いつの間にか後から導入してくるような、、、。
しっかりと現場の営業さんの意見を上が吸い上げている!のでしょうか??(気のせいですよね!)


ま、ともあれバリッと決まった一台が完成いたしました。
クルマってーのは、ホイールが良くてもタイヤが???なら結局???です。
2014.07.08

MI プライマシー3 215/60-17

本日のタイヤ交換。

ミシュラン プライマシー3
215/60-17

トヨタ ハイエースに。

実はこの車、、、私のお仕事車。
『本日のタイヤ交換。』なんていっておきながら既に一年前。。。
スミマセン。

交換してから距離にして、2万キロほど走りました。
高速移動が多いので距離にしては、
溝はあまり減っていませんね。

フィーリング等、の話は以前にして有りますので、
ここでは述べません。
今回は減り方にスポットを当てます。


おさらいしたい方は、、、
http://www.5r-meister.com/dialy/tire/2013/06/12_136.php
もしくは、
http://blog.goo-net.com/bfc-sankouyokohama/archive/2239
コッチで確認を。



プライマシー3。一年後の実車インプレッション!!

背の高いバンで(ミニバンでもいえる事。)
高速メインとはいえ、2万キロ走行。
気になる残り溝は、約7~8分山ほど。優秀でしょ?
良くある外べりは、特に見当たらない。
あ・え・て・言うならば、多少内ベリがある。それでも6~7分山は残っているので、
ほとんど気にならない。
これはタイヤの性能ではなく、車を少しローダウンしている為でしょう。
ちなみに一度、前後ローテーションはしています。が、ちょうど残りは同じ位。

前作のプライマシーLCの時は一年程度で、多少、外べり傾向が見られたので、
今回のプライマシー3の方が、完全に耐久性能は上であるのは間違いない。
車検に通らなくなるスリップサイン、ようするに2分山のラインまでは、
あと5分山程度あるので、このままのペースで走ると、
6万キロ位までは走れそうですね。
町乗り(下道メイン)なら、4~5万キロくらいは問題なく行けるでしょう。
ゼヒご参考までに。。

PS
ミシュランのメリットとしては、
磨り減ったことに気づかない方が多いです。
どういう事かと言うと、減っても性能が落ちていないということ。
初めは良くても、半分になったらヒドイ物が多いので、
よく言えば、磨り減った事を教えてくれているのかも?(笑)

このハイエースはこのタイヤホイールを変更する気がないので
ツルツルまでのインプレッションが出来ると思います。
その後もお楽しみに。。




2014.07.08

MI パイロットスポーツ3 265/35-18

本日のタイヤ交換。

ミシュラン パイロットスポーツ3
265/35-18

日産 スカイラインGTRに。

普段は滅多にピットインする車ではないのだが、
続くときは何故か続きますね。

この方はコレで2セット目のPS3。
プレセダPP2時代も含めれば、
ミシュラン3セット連続ということになります。
間違いなくファンになってくれているでしょう。
おススメして納得して気に入っていただけるというのが、
私たち売り子の最高のご褒美でもあります。

人それぞれ、合う、合わないというのがありますが、
ネットのカキコミ記事よりは、
私たちの方が、現実味のあるご相談ができると思っています。
知らないものは知らない。
判らない物は判らないとお伝えします。

どしどしお問い合わせくださいませ~。
ページ/19ページ |次のページ